12. Hannibal (2001) / ハンニバル

『ハンニバル』(Hannibal)は2001年のアメリカ映画。原作はトマス・ハリスの小説『ハンニバル』(1999年出版)。『羊たちの沈黙』の続編にあたる。監督はリドリー・スコット。 猟奇的なシーンが多く、日本公開時はR-15指定された。

Hannibal (2001) / ハンニバルのあらすじ

全米を恐怖に陥れた「バッファロー・ビル事件」から10年……。

ボルチモアの大富豪メイスン・ヴァージャー(ゲイリー・オールドマン)は、刑務所から脱獄したハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)の行方を追っていた。メイスンにとってハンニバルは殺しても飽き足らない仇(かたき)であった。当時レクターと接触していたFBI特別捜査官クラリス・スターリング(ジュリアン・ムーア)は、リッチモンドの麻薬捜査で多数の犠牲者を出したことで遺族から告訴されていた。政財界に絶大な影響力をもつメイスンは、マスコミの報道でクラリスの存在を知り、司法省のポール・クレンドラー(レイ・リオッタ)を利用し、クラリスをレクターの捜査に復帰させようと目論む。

そして、10年前にボルティモアの精神病院から脱獄したレクターは、イタリアのフィレンツェに潜伏していた。フィレンツェ署のパッツィ刑事(ジャンカルロ・ジャンニーニ)は、捜査で知り合った男の正体がレクターだと気づき、富豪のメイスンに売って懸賞金を得ようと画策した。だが、パッツィ刑事はレクターに殺されてしまう。

メイスンに大金で買収されたクレンドラーは、クラリスを謹慎処分に陥れた。それは、クラリスを気に入っているレクターをおびき出す罠であった。ワシントンD.C.でクラリスに接触を計り、男たちに拉致されるレクター。それがメイスンの仕業だと気づいたクラリスは、単身でメイスンの屋敷に乗り込む。殺されかけていたレクターの救出には成功したが、クラリスは撃たれて気を失ってしまう。

クレンドラーの豪華な別荘で目を覚ますクラリス。レクターは、クレンドラーを残酷なリンチにかけている最中だった。撃たれた傷と治療の麻酔で朦朧としながら、レクターを捕らえようとするクラリス。だが、レクターはどこへともなく姿をくらますのだった。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。