25. All the Money in the World (2017) / ゲティ家の身代金

『ゲティ家の身代金』(原題:All the Money in the World)は2017年にアメリカ合衆国とイギリスで製作されたスリラー映画。監督はリドリー・スコット、主演はミシェル・ウィリアムズ。そのほか、クリストファー・プラマーとマーク・ウォルバーグらが出演。本作はジョン・ピアースンが1995年に発表したノンフィクション『Painfully Rich: The Outrageous Fortunes and Misfortunes of the Heirs of J. Paul Getty』(原作邦題:「ゲティ家の身代金」(ハーパーコリンズ刊))を原作とし、1973年に実際にローマで起きたゲティ3世誘拐事件を描く。日本ではR15+指定で公開される。

 ・ amazon : All the Money in the World (2017) / ゲティ家の身代金

All the Money in the World (2017) / ゲティ家の身代金のあらすじ

1973年7月のローマ。犯罪者たちの用意周到な計画に基づいてジョン・ポール・ゲティ3世が誘拐されるという事件が発生した。犯人たちは、当時フォーチュン誌によって”世界一の大富豪”に認定されたゲティオイル社社長の石油王のジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)に孫の身代金1,700万ドルを要求したが、彼は支払いを断固拒否する。表向きは「もしここで身代金を支払ったら、他の14人の孫たちも金目当てに誘拐されるかもしれん」という理由ではあったが、総資産50億ドルとも言われるゲティは極端な吝嗇家としても知られていた。その裏で元CIAの交渉人チェイスを呼び寄せ、孫の奪還作戦を指示する。

余裕飄々としているゲティとは対照的に、3世の母親であるアビゲイル(ゲイル)は息子が殺されるかもしれないと怯えていた。ジョン・ポール・ゲティ2世との離婚で既にゲティ家を離れていたゲイルには身代金の支払いは不可能であった。一方で警察やチェイスはゲティ3世もしくはゲイルによる狂言誘拐を疑い始める。ゲイルの一挙手一投足を報道しようとマスコミが付きまとい、事件は世界中を巻き込んで加熱していく中、ゲティ3世の切り取られた耳が新聞社に送り付けられるという事態が発生する。

関連記事

  1. 07. Thelma & Louise (1991) / テルマ&ルイーズ

  2. 05. Someone to Watch Over Me (1987) / 誰かに見られてる

  3. 14. Matchstick Men (2003) / マッチスティック・メン

  4. 18. Body of Lies (2008) / ワールド・オブ・ライズ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。