16. A Good Year (2006) / プロヴァンスの贈りもの

『プロヴァンスの贈りもの』(プロヴァンスのおくりもの、原題: A Good Year)は、2006年のアメリカ映画。原題の「A Good Year」はワイン作りにおける「当たり年」の意。

フランス南部プロヴァンスにぶどう農園を所有しているリドリー・スコット監督が、「ブティック・ワイン」(メジャーな市場では全く無名であるにもかかわらず、その高品質により高値で取引される希少生産ワイン)の噂話を30年来の友人である『南仏プロヴァンスの12か月』で有名な作家ピーター・メイルに持ちかけたところ、メイルがその話を元に小説を執筆し、スコットが映画化することとなった。

 ・ amazon : A Good Year (2006) / プロヴァンスの贈りもの

A Good Year (2006) / プロヴァンスの贈りもののあらすじ

シャトーでワイン醸造家をしているおじに持つマックス(ラッセル・クロウ)はロンドンで金融トレーダーをしていた。そこへ彼のもとにおじの訃報が届く。

遺産を相続することが決定していたマックスはそれをすべて売却することを考えていた。 だが、シャトーに来たとたん、少年時代の思い出が次々に蘇り、心が揺らいできた。さらに、地元でレストランを経営するファニー(マリオン・コティヤール)との出会いもまた、彼に変化をおよぼした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。